山田朗子(やまだあきこ)写真展 

山田朗子写真展 「Link」Clouds reaching the heavens が8月29日(水)~9月4日(火)までコダックフォトサロンで開催されます。

写真展は「悠久の時間の流れ、太古と現在の繋がり」をテーマに、国内では屋久島や北海道など、海外ではニュージーランド、アラスカ、アイスランドなどで'01~'07年にかけて自然の風景を撮影した作品群です。これらには単なる風景写真にとどまらない、作者の心象風景のような、やわらかくて力強い空気が流れています。一見とりわけ何があるでもないシンプルな光景ですが、湖の曲線、空を映し出す水面、雲のデザイン、空のグラデーション、まっすぐ画面を横切る地平線。そんな普段見逃しているような美しさにはっとさせられると同時に、地球はこんなにも美しいのだと感じ、そう感じている自分にも気付く、そんな不思議な作品展です。

出展予定点数カラー約20点

期 間                                            2007年8月29日(水)~9月4日(火)                          開館時間:午前10時~午後6時(最終日のみ午後3時まで)             休館日:日曜                                          入館料:無料

開催場所                                        Kodak Photo Salon                                    〒104-0061 東京都中央区銀座 6-4-1 東海堂銀座ビル3階           電話:(03)3572-4411                                   ·地下鉄「銀座」駅(C3出口)より徒歩3分                        ·JR「有楽町」駅より徒歩6分

作者の言葉

太古から現在にいたる悠久の時間の流れの中で、バクテリアから今を生きる私たちに繋がる生命の環がずっと見てきた風景。そこに、目に見えない何か、言葉にして表すことのできない気配のようなものを感じます。そしてその風景を前に、どこかにあった「始まり」と今ここにいる自分とが確かに繋がっていることに思いを馳せます。

¦作者の横顔

1971年、茨城県に生まれる。立教大学社会学部社会学科卒業。今回がギャラリーでの初めての個展。「Link」は今後も時間をかけて撮り続けて行くテーマであるが、これと平行して日常のありふれた風景の中に垣間見えるぽっかり空いた間のようなものを作品に取り込んだ「閑」というテーマでも作品を制作中。



Video Gallery

View more videos